www.thebeadattic.com

私は今まで紅茶の良し悪しがわからなかったので、ティーパックを使って淹れて、色さえついていればそれでいいと思っていました。 味よりも温かさを求めていたので、全然紅茶の味を気にしたことはありませんでした。 でもこの間、友人の家にお邪魔したときにフレーバーティを出してもらったんです。 レモンのさわやかな香りがして、紅茶の香りも豊かにしてとってもおいしかったです。 友人は紅茶の茶葉をたくさん常備していて、お菓子や飲む時間や気分によって色々選んでいるそうです。 紅茶の好きな人は違いますね。 まずポットでお湯を沸かしてからカップを温めてくれていたところにも気遣いというか、紅茶を美味しく淹れようという気概を感じました。 私は紅茶でも緑茶でも、ポットのお湯をジャーと入れてしまうんで、そういう繊細さはなかったんですよね…。 そんな小さなことで味なんか変わるものかと思っていましたが、明らかに自分の淹れたものよりおいしかったんで、やっぱり違いは出るんですね。 次からは、せめてポットのお湯じゃなくて沸かしたお湯で淹れようかなと思っています。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thebeadattic.com All Rights Reserved.